歯医者で受けられる治療|歯の悩みはプロに相談しよう

痛みのない治療方法

婦人

熊本には数多くの歯科があります。歯の健康を保つことは体全体の健康管理に繋がるため、口腔内に違和感があるならすぐに熊本の歯科を受診するべきです。しかし、中には歯科での治療に恐怖心を抱いている人も多くいて、歯に痛みを感じてもなかなか熊本の歯科を受診する決心がつかないこともあります。歯科での治療に恐怖心を抱く大きな要因は治療中や麻酔注射の際の痛みです。今は、事前に麻酔を注射するので治療中に痛みを感じることは少なくなりましたが、麻酔を打つときはどうしても多少の痛みを感じてしまいます。実は、熊本の歯科では麻酔時の痛みを緩和するために、静脈内沈静法という方法を採用しています。

静脈内鎮静法は熊本の歯科で行なわれている麻酔の投与方法ですが、詳しく知っている人は少ないでしょう。この静脈内鎮静法は、歯茎に麻酔を直接注射するのではなく、通常の点滴のように体の中に麻酔薬を注入するというもので、麻酔薬が体の中に入ってくるとおぼろげな意識はあっても、半分眠っているような感覚になるのでほとんど痛みを感じません。また、熊本の歯科では静脈内鎮静法を行なった後に再び局所麻酔を施すのですが、局所麻酔を打つ際は、コンピューターによってコントロールされている電動注射器を使用するので注射に失敗することがなく、注射時間も短くなるので違和感もありません。このように、熊本の歯科では無痛治療に力を入れているので、歯科治療に恐怖心があるとしてもまずは怖がらずに相談してみましょう。